病気の原因

腕をくんでいる男性

現代病のひとつとも言えるうつ病。
よく眠れなかったり、早く目が覚める、二度寝をすると起きられないなどの不眠症。昼間でも我慢できずうたた寝をしてしまうといった症状は自律神経の失調によるものです。
交感神経が過敏になって動悸がしたり微熱が続き、だるい、めまいがする、やたらに汗が出るなどといった症状は初期症状とも言われています。
初期状態なら、セルフケアにより回復が望める場合もあります。「十分な休養」こそがセルフケアということになりますが、朝起きて、夜眠る、といった規則正しい生活を送ることがその定義です。
自律神経の乱れを治し、ストレスを緩和することで、改善へと導く事も期待できます。不眠症に悩む人の中にはお酒を飲んで寝ようとする人もいますが、アルコールは依存状態を引き起こし、うつ病を悪化させてしまう可能性もあるのでやめましょう。

こういったうつ病へのきっかけとなるのは、身近の人の死やリストラなどの急激な環境変化。そして、そういった時の衝撃をうまく流せない、いわゆるまじめな人に多いと言われています。
しかし、それは一概には「まじめなひとだから」では割りきれません。同じようなことへの直面であっても、まじめな彼女は大丈夫だったから、彼女ほどまじめでない彼なら平気だろうと思っていても平気でないことだってあるのです。
また、ネガティブなことだけが原因かと思われがちですが、実はそうでもなく結婚や昇進といったポジティブなことがあったときにもうつ病になってしまうこともあるのです。
うまくやっていけるだろうか?頑張らないといけないなどのプレッシャーが原因だと言われています。
いつどこで、だれがなってもおかしくないうつ病。

そんなとき、デパスなどのお薬があればいつでも服用ができるので安心できますよね。うつ病対策としてデパスを購入しておきましょう。